Debts

事例30 2回目の自己破産で同時廃止・免責が認められた事例

  1. 自己破産

依頼主Bさん(40代男性)、会社員、借入先 消費者金融5社、過払回収額 100万円

1.ご相談に至る経緯

 長崎県在住のBさんは、消費者金融5社から総額100万円の借入をして,毎月総額6万円ほどの返済を請求され滞納している状況でした。その内の1社から支払督促を受けていたため,当事務所に対応をご依頼されました。

2.当事務所の活動

 各社に対して債権調査を行った結果、うち1社の債務については時効期間が経過していたため、時効援用通知を送ることになりました。
た、1社はカーローンであったため,車両を引き上げてもらいその売却代金を債務に充当することで残債務額が大幅に減りました。
 負債総額が減ったことから、返済月額を合わせて2万円程度に抑える返済計画を立てることが可能になり、各社との和解交渉に進みました。
 支払督促については、通常裁判に移行していましたので,裁判手続外で返済計画案をまとめる交渉をしました。

3.解決と成果

Bさんの生活を圧迫しない程度の返済計画に沿って,各業者と和解することができました。

4.弁護士の所感

 負債総額100万円は比較的少ないほうではありましたが,Bさんの収入や治療が必要な親族へ援助している事情もあり当初は破産手続きをとることも検討しましたが,負債総額を抑えられたことで過度な負担にならない返済計画を立てることができました。
 裁判所からの支払督促や訴えを起こされた場合に放置したままにすると,銀行口座や給与など資産の差押さえを受けるおそれがありますので,弁護士に対応などをご相談ください。

文責:弁護士 堀 大祐