1. Yasuaki Tomooka

    • 所属事務所 福岡事務所
      役職 弁護士
      所属弁護士会 福岡県弁護士会
      弁護士登録年 2011年12月
  2. 弁護士紹介へ戻る
  • ご挨拶

  • 私は、平成23年に弁護士登録し、約6年間、所属する事務所の勤務弁護士として、主に企業、医療機関、一般社団法人、独立行政法人等における法務のご相談、交渉・訴訟対応の業務をしながら、個人としても、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求)や交通事故等の民事事件、離婚、相続(遺産分割や遺言)、刑事事件等の分野で経験を積み、幅広い事件を経験するとともに、バランス感覚を身につけることができました。

    平成30年2月に独立して弁護士法人船越・平井・友岡法律事務所を開設した後、この度、古巣の弁護士法人松本・永野法律事務所に再入所することになりましたが、新人弁護士時代から培ってきた経験を活かし、皆様によりよい法的サービスをご提供できるよう現在も日々研鑽を重ねています。

    特に、債務整理の分野では、裁判所から破産管財人や個人再生員として選任され、仕事をさせていただく機会が多く、これらの経験が破産や個人再生などの債務整理を行っていく上での大きな強みとなっています。

    弁護士のもとに相談に来られる方は、不安やストレスなど、マイナスを抱えた方がほとんどだと思います。問題を抱え、ただでさえマイナスの状態なのに、「ちゃんと話を聞いてくれるか」、「上から目線で怒られるのではないか」、「解決策を押しつけられるのではないか」・・そのような不安をお持ちの方も多いと思います。そのため、私は、何でも気軽に話していただけるよう、礼儀正しく、親切丁寧に接することを心がけ、まずは時間をかけて、とにかくよくお話を伺うようにしています。相談に来られる方の中には、「他の事務所では、途中で話を遮られ、ちゃんと聞いてくれなかった」と仰る方もいらっしゃいます。だからこそ、常に「話を聞く」ということを強く意識するようにしています。

    モットーである誠実さを第一に、ご依頼をお受けするときや、事件処理を進めるときには、依頼者の方にも分かるよう丁寧にご説明し、納得いただいた上で進めていくようにしています。

    多くの方に「相談に来てよかった」、「気楽に話ができた」と思っていただけるような事務所にしたい、私自身もそういう弁護士でありたいと思っていますので、是非、お気軽にご相談ください。

  • 経歴

  •                      
    2001年 3月 西南学院高等学校 卒業
    2005年 3月 立命館大学法学部 卒業
    2007年 4月 西南学院大学法科大学院 入学
    2010年 3月 西南学院大学法科大学院 卒業
    2010年 9月 司法試験合格
    2010年 11月 第64期司法修習生
    2011年 12月 弁護士登録
     
  • 職歴

  • 2011年 12月 松本法律事務所 入所
    2018年 2月 弁護士法人船越・平井・友岡法律事務所 開設
    2020年 4月 弁護士法人松本・永野法律事務所 入所
     
  • 所属団体・役職

  • 福岡県弁護士会
    九弁連法律相談事業に関する委員会(九州弁護士会連合会)
    法律相談センター運営委員会(福岡県弁護士会)
    対外広報委員会(福岡県弁護士会)