Debts

事例21(負の遺産と思っていたら過払い金を回収できた事例)

  1. 過払金

依頼主Uさん(60代)、職業 無職

1.ご相談に至る経緯

Uさんの夫が亡くなった後、消費者金融から被相続人に対して60万円余りの債権を有していること、相続すれば負債を承継することになる旨の通知が来たため、どのように対応すればよいかわからず、来所されました。

2.当事務所の活動

Uさんは、夫の借金のことを知らなかったため、当初は分割して返済する任意整理のために受任いたしました。ところが、債権者から取引履歴を取り寄せ計算したところ、過払いとなっていることが判明しました。

3.解決と成果

他の相続人(Uさんの子供)の委任状と戸籍を取り寄せて、相続関係図を作成、資料として提出のうえ、過払い金の支払いを受ける和解の締結に至りました。

4.弁護士の所感

亡くなった方に借金がある場合、相続人としては相続放棄などを考えることがあると思います。しかし、今回の事例のように過払い金が発生している可能性もあります。

文責:弁護士 堀 大祐