Debts

事例14(訴訟を行って過払金を回収した事例)

  1. 過払金

依頼主Nさん(60代女性)、借入先 消費者金融3社、過払回収額 171万円

1.ご相談に至る経緯

Nさんの夫が以前、過払請求で当所に依頼したことがあり、その際対応がすごくよかったのでNさんもお願いしたいとのことで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

2.当事務所の活動

当事務所は、消費者金融会社らに対して、受任通知を送付するとともに、取引履歴の開示を求めました。
約1ヵ月ほどで、消費者金融会社より取引履歴の開示を受けましたので、法定利率によって引き直し計算を行ったところ、3社合計約166万円程度の過払いとなっていることが判明しました。
当事務所は、消費者金融会社らに対して、過払い返還請求書を送付し過払い金の返還を求めたところ、2社からは、過払い利息含めて約95%の121万円の過払い金を回収しました。
ところが、完済までの間に取引期間の分断があった1社からは、消滅時効が完成しているため一部の過払い金返還請求権は消滅したとの回答のうえ、12万円を返還するとの減額での和解の提案がなされました。当事務所は、Nさんと打ち合わせの上、消費者金融会社からの提案を拒否し、訴訟を行うこととしました。訴訟提起後、消費者金融会社は、支払いの提示をするようになったものの、裁判外の交渉時と同じく極めて低額の提示にとどまりました。
訴訟では、取引に空白期間があるため、一連一体の借入・返済であるか否かや、返済に使われた銀行口座の名義がNさん本人の名義でなかったこと等が問題となりましたが、クレジットカード契約書の内容を精査した主張やNさん本人の陳述書などを作成し主張立証を行ったところ、全部勝訴の判決を得ることができ、過払い利息含めて100%の過払い金を回収することができました。

3.解決と成果

交渉及び訴訟の結果、過払い金171万円を回収できました。

4.弁護士の所感

過払い金請求訴訟については、訴訟提起から判決がなされるまで約8ヶ月程度の期間がかかりましたが、請求金額の満額の返還が認められ、2週間後には支払いがなされることとなりました。
長期間の返済を行ってきた場合には、過払い金が発生していることもありますので、なるべく早めに専門家に相談して、適切な対応をとってもらうことが必要だと思います。

文責:弁護士 北島 好書