Inheritance

Case 010 特別縁故者に対する相続財産分与において約1600万円が認められた事例

  1. 遺産整理

担当弁護士堀 大祐
事務所長崎事務所

ご相談内容

男性

依頼主
Aさんさん(70代・男性)

長崎市に在住のAさんは、亡内縁の妻の相続財産管理人から連絡がきているとのことで、相談に来られました。Aさんは、5年ほど前に内縁の妻を亡くし、その妻の所有する兵庫にあるマンションで引き続き生活していました。妻の兄弟が相続放棄して相続人が存在しなくなったことから相続財産管理人が選任されました。管財人が妻の財産を管理することとなったため、Aさんは同マンションから退去し地元長崎に転居していました。管財人は、生前の被相続人の生活状況等を知ることができなかったところ、同マンションにAさんの年金手帳などがあったことからAさんに連絡してきたということでした。

弁護士の活動

弁護士

Aさんと妻の関係性を伺っていくと、長い間内縁関係が継続していたこと、妻の闘病生活の面倒をAさんが看ていたことや亡くなった後の葬儀や散骨を行っていたことがわかりました。そこで、特別縁故者に対する財産分与の申立を行い、申立の理由として、Aさんと妻の出会いからこれまでについて詳しく説明する申立書を作成しました。もっとも、申立理由の裏付けとなる資料は、闘病生活中の医療明細書の一部、海洋散骨証明書と乏しいものでした。そこで、できるだけ具体的で詳細な陳述書を作成するためAさんに聞取りを行い、陳述書に何を記載すればよいかをアドバイスしながらAさんに作成していただきました。

解決結果

男性

家庭裁判所の審判は、相続財産管理人の管理費用を控除した財産全部をAさんに分与するというものであり、Aさんに約1600万円が分与されることになりました。

弁護士のコメント

弁護士

特別縁故者に対する財産分与は、申立人と被相続人の関係性、被相続人の財産形成等に対する寄与などを考慮して分与割合が決められます。本件では、結婚こそしてなかったものの、30年以上もの夫婦としての実体、最後の看取りなどから配偶者と同視できると裁判所が判断したため,ほぼ満額の分与が認められました。

申立てに際しては、どのような資料を提出し、どのような陳述書を作成するか、専門家の観点からの検討が必要になると思いますので、ご相談をしていただければと思います。