熊本県荒尾市で弁護士への法律相談をご希望の方へ

所長弁護士 松田 孝太朗

所長弁護士 松田 孝太朗

弁護士法人松本・永野法律事務所 大牟田支店では、隣県である熊本県荒尾市、その近隣にお住まいの方の法律相談をお受けしております。

弁護士法人松本・永野法律事務所は、1960年4月に開設された「松本法律事務所」が前身の、60年以上の実績と誇る、福岡県を中心に九州5拠点に事務所を構える法律事務所です。

2019年1月~2021年12月間では約5,000件の相談実績を誇り、お客様のアンケートでは94.5%(※2021年1月〜12月集計)の方から大変満足・満足したとのお声をいただいております。

弁護士法人松本・永野法律事務所は、特にお悩みを抱える方の多い、交通事故、相続・遺言、借金問題、離婚・男女問題について注力しております。

上記問題については初回相談は無料、かつお電話でのご相談もお受けしております。

弁護士、法律事務所へ相談することへのハードルは決して低いものではないと思います。
「こんなことで相談して良いのだろうか」「怒られてしまうのではないか」などと不安を感じる方も少なくないと思います。

弁護士法人松本・永野法律事務所に所属する弁護士陣は、ご相談者が抱える悩みを真摯に受け止め、「どうしたらより良い解決をできるか」を第一に考えた弁護活動を行なっております。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

荒尾市の相談実績

2019年〜2022年の期間、荒尾市の方から合計135件のご相談をいただいております。

離婚・男女問題 交通事故 借金問題 相続・遺言 その他
2019年 9 4 5 1 2
2020年 13 4 1 4 9
2021年 14 6 8 2 12
2022年 15 1 1 4 20

また、各分野の割合を円グラフにまとめると、下図のようになります。

荒尾市の分野別円グラフ

表をご覧いただければわかる通り、当事務所は年々荒尾市の方からのご相談が増加しております。また、荒尾市の方からは離婚・男女問題が1番多く、次いで交通事故、債務整理、相続という順番でご相談いただいております。

弁護士法人松本・永野法律事務所では、2019年〜2022年の間に事務所全体で2019件のご相談をお受けしており、離婚・男女問題について豊富な経験を持っております。
離婚や不倫についてのご相談は初回相談無料ですので、お気軽にご相談ください。

詳しくは、当事務所の離婚専門サイトをご覧ください。

弁護士法人松本・永野法律事務所 大牟田事務所の解決事例

夫の同僚であった夫の不貞相手との間で、交渉によって、不貞慰謝料の支払いのほか、勤務先の自主退職などを誓約させる示談を成立させた事例

■ご相談内容
福岡県在住のCさんは、夫が勤務先の同僚であるAさんと不倫関係にあることを知りました。また、当時、Cさんも上記勤務先で勤務していましたので、Aさんとは顔見知りの状況でした。
Cさんとしては、Aさんに対する不貞慰謝料にはあまりこだわっていないが、今後もAさんが上記勤務先で勤務を続ければ、Aさんと顔を会わせなければならず精神的につらい上、夫とも職場内で接触することで再度不貞に及ぶのではないか心配とのことで、当事務所に相談に来られました。
なお、Cさんは、夫との離婚は考えていないとのことでした。

解決事例の続きはこちら

弁護士法人松本・永野法律事務所 大牟田支店について

大牟田駅

弁護士法人松本・永野法律事務所 大牟田支店はJR大牟田駅側徒歩2分の立地にございます。
また、JR荒尾駅からJR大牟田駅まで電車で約20分、車では約10分ほどでご来所いただけます。
所長の松田 孝太朗弁護士が、離婚・男女問題、債務整理、相続、交通事故などあらゆるご相談をお受けいたします。

荒尾市の法律相談は、創業60年の実績と信頼を誇る弁護士法人松本・永野法律事務所 大牟田支店へお任せください。

 

JR大牟田駅から

大牟田駅東口(JR大牟田駅側)ロータリー沿いの大通りを渡ります。
大牟田駅を背にして右手の「太陽生命」と書かれた大きな看板があるビルの4階です。
郵便局の通りを挟んで向かい側にあります。

JR長与駅からJR長崎駅まで

電車では約20分
車で約10分

荒尾市について

2つの世界遺産

万田坑

第一竪坑と第二竪坑からなる万田坑は、1902年から1945年に至るまで、1600万トン以上の上質な石炭を採掘し、日本のエネルギーを支え続けました。その後採炭効率の低下により採炭は中止され、1997年にその役目を終えました。
そして平成27年7月に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとして世界遺産に登録されました。

戦後の日本の復興を支えた万田坑は、現在では映画の舞台になるなど、熊本の観光スポットとして注目を集めています。

荒尾干潟

荒尾干潟

熊本県に面する有明海は、日本の干潟の約40%が現存しています。
その中で湿地の生態系を保全し、適正な利用を進めるのが目的のラムサール条約に熊本県の干潟で初めて、2,054番目に登録されたのが荒尾干潟です。

令和元年8月10日には「荒尾干潟水鳥・湿地センター」が開設され、荒尾干潟の価値や魅力の発信だけでなく、干潟の保全活動のための活動の拠点を目指しています。