認め事件の起訴後の流れ

1 総論
  刑事裁判では,公判期日で被告人(ニュースなどで,起訴された人を「被告」と呼んでいるのは間違いで,正しくは「被告人」です。)の刑罰を決めるための審理が行われ,審理がすべて完了すると判決が言い渡されます。
  一般的なイメージとは異なるかもしれませんが,刑事裁判の多くは認め事件,すなわち被告人が起訴の内容となっている犯罪事実を認めているケースです。
  そこで,本項では,裁判員裁判の対象となるような重大事件や複雑な事件を除く,一般的な認め事件の流れを説明していきます。
2 起訴から判決までの流れ
(1)  流れの概要
一般的な認め事件は,公判期日における審理が1回で終了し,次の期日で判決の言い渡し期日となることが多いです。
検察官が起訴すると,だいたい1か月から1か月半後くらいに公判期日が指定され,審理が1回で終了するとその2週間後から1か月後くらいに判決が言い渡されます。
(2)  起訴~公判期日まで
 公判期日までの期間は裁判に向けた準備期間と位置付けることができますが,検察官は被告人を有罪にできる証拠を揃えてから起訴しますので,基本的に起訴後に捜査(被告人に対する取り調べなど)が行われることはありません。したがって,主に被告人側の準備期間といえます。
 認め事件では起訴内容の事実自体は認めていますので,審理では情状事実(罪を犯したことは前提に,その経緯に汲むべき事情があることや更生のための環境が整っていることなど,刑を軽くする方向に働く事実)の立証が中心となります。
 したがって,公判期日までに,情状事実を立証するための証拠を収集したり,被告人に有利な証言をしてくれる証人を探して打合わせを行ったりします。
 また,起訴されてしばらくすると,検察官が公判期日で取り調べを請求する証拠が開示されますので,その内容についても弁護人と吟味する必要があります。
(3)  公判期日当日
 公判期日の大まかな流れは以下のとおりです。
  ① 人定質問
    本人確認のため,裁判官から被告人が,氏名,職業,本籍地などを聞かれます。本籍地などは被告人が覚えていないケースもありますが,裁判官が誘導して答えさせてくれるためとくに心配ありません。
  ② 起訴状朗読
    検察官が,起訴状に記載されている公訴事実を読み上げます。
  ③ 黙秘権の告知
    裁判官が被告人に対し黙秘権を告知します。具体的には,「あなたには黙秘権があり,答えたくないことには答えなくてよいですし,終始黙っていることもできます。ただし,あなたがこの公判廷で話したことはあなたにとって有利にも不利にも証拠として用いられますので覚えておいてください。」といった内容が裁判官から告知されます。
  ④ 被告人意見
    裁判官から,検察官が朗読した公訴事実についての被告人の意見を聞かれます。
    認め事件であれば「間違いありません。」などと答えます。
  ⑤ 弁護人意見
    被告人のつぎは弁護人が公訴事実についての意見を聞かれます。
    「被告人と同意見です。公訴事実に間違いありません。」などと答えます。
  ⑥ 冒頭陳述
    検察官が,証拠によって立証しようとする具体的な事実を説明します。
  ⑦ 検察官側の証拠調べ
    検察官側の請求する書証(証拠となる書面)や人証(証言をする人)の取り調べを行います。
    なお,検察官の請求する証拠を取り調べるべきかどうかについて,弁護人は意見を述べることができ,それを踏まえて裁判官が証拠の採否を決定します。
  ⑧ 弁護人側の証拠調べ
    弁護人側の請求する書証(証拠となる書面)や人証(証拠となる証言)の取り調べを行います。
    ⑦と同様,検察官の意見を踏まえて,裁判官が採否を決定します。
  ⑨ 被告人質問
    弁護人,検察官の順番で被告人に質問し,最後に裁判官が補充の質問を行います。
    被告人は,弁護人とは予め質問内容や回答内容を打ち合わせた上で裁判に臨むことができますが,検察官や裁判官からの質問には(ある程度の予測はできるにせよ)その場で被告人自身が考えて回答しなければなりません。
  ⑩ 論告・求刑,最終弁論
    論告・求刑は被告人の処罰についての検察官の意見,最終弁論は被告人の処罰についての弁護人の意見です。
    ⑦~⑨までの証拠調べの内容も踏まえ,被告人の処罰についてそれぞれの立場から意見を述べます。
  ⑪ 最終陳述
    裁判官から被告人が,「最後に何か述べておきたいことはありますか。」などと聞かれますので,被告人から言いたいことを話します。
    犯罪の内容に応じて,「被害者に申し訳なく思っています。」「反省しています。」「これからしっかり更正していきます。」などと述べます。
    以上が,公判期日の大まかな流れです。
(4)  判決
 単純な認め事件の場合,1回目の公判期日で審理が終わるとその2週間から1か月くらい後に判決の言い渡しの日が設定されます。
 判決日には,裁判官から主文(被告人に対する刑罰の内容)が言い渡され,その理由が説明されます。
 なお,勾留されている状態で執行猶予判決が出ると勾留が失効しますので,拘置所における釈放の手続きが済み次第,速やかに釈放されます。
3 まとめ
  以上,一般的な認め事件の流れを説明しましたが,同じ認め事件でもそれぞれの事件ごとの事情は様々ですので,犯罪の性質や余罪の有無,共犯者の有無などによって刑事裁判の流れは大きく変わってくる可能性はあります。
  いずれにせよ,弁護人と被疑者,その他の関係者がしっかりと相談して,裁判に向けた入念な準備をすることが重要です。