製造物責任法

1 概要
製造物欠陥があり,そのために損害が生じた場合,その製造物の製造業者等が損害賠償責任を負うこととしているのが,製造物責任法(PL法)です。
ある製品を買った場合,その製品に欠陥があり損害が生じれば,民法の売主の瑕疵担保責任で損害賠償をすることができます。しかし,その場合の賠償の範囲は限られ,身体等に生じた被害を回復させることはできません。売主に欠陥についての過失が有れば,損害賠償することは可能です。もっとも,売主が零細な小売業者であれば,支払能力がない場合が多く,被害の回復が不十分となってしまいます。
製造物責任法は,資力のある製品を製造したメーカーを責任主体として,被害救済を図ろうとするものです。
そして,製品に「欠陥」があったこと,およびその欠陥が原因で損害が生じたこと(損害の発生、欠陥と損害の因果関係)を被害者が証明すれば,製造業者に責任を認める無過失責任です。
2 製造物の範囲
(1) 製造物
「製造物」とは,製造又は加工された動産と定義されます。
「製造」とは,原材料や部品に手を加え,新たな物品を作ることであり,「加工」とは,その物品の本質を維持しつつ,その品質・機能を維持,追加ないし強化するために手を加えることです。
 製造又は加工されたものといえるかどうかの判断は,その物につき素材の選択の段階から製品として出荷されるまでの検査,保存,表示などを含めた一連の過程を考慮して,危険性の除去可能性などを社会通念に照らして総合的に判断されるべきとされています。
(2) 引き渡し
責任の発生する製造物は,製造業者等が引渡したもの,すなわち,自己の意思に基づいて占有を移転していることが必要です。ですから,出荷前の工場から盗まれた製造物に欠陥があったとしても本法の責任は負いません。
3 欠陥について
(1) 欠陥
「欠陥」とは,通常有すべき安全性を欠いていることです。安全性を欠いているかどうかは,「当該製造物の特性,その通常予見される使用形態,その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して」判断されます。
(2) 欠陥の類型
ア 「製造上の欠陥」とは,設計や予定された使用と異なって製造された場合です。
イ 「設計上の欠陥」とは,製品の設計自体が安全性を欠いている場合です。
ウ 「指示・警告上の欠陥」とは,製品に付属して提供されるべき適切な指示・警告を欠いている場合です。 
(3) 国の安全基準との関係
製造業者側は,しばしば,「国の製造承認を受けているから販売しているのであり欠陥はない。」との主張をします。しかしながら,国の安全規制は,最低限度の基準を定めたものに過ぎず,安全規制をクリアしても欠陥がないという主張は認められていません(最判昭53.7.25)。
4 責任主体
 製造物責任法で責任を負うのは,製造業者,加工業者,輸入業者である。表示上の製造,加工,輸入業者も責任を負います。例えば,「製造元」や「輸入者」の表示をしている場合,外観上,製造,加工,輸入業者と認識され又は解される方法で自己の名称を表示しているので,責任主体となります。
5 損害
本法は,製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合でなければ適用されません。
 ですから,例えば,食品が腐っていただけの場合には適用がなく,その食品で食中毒を起こした場合には適用があります。
6 免責事由
製造物責任は,製品を引渡した時点における科学技術の水準では発見できなかった欠陥が後に判明した場合は,その欠陥により被害が生じても製造業者等を免責されます。これは,開発意欲を阻害しないという配慮から規定されたものです。