Inheritance

事例11 被相続人(母)名義の預貯金について、遺産分割協議書の作成を行った事例

  1. 遺産整理

依頼主相続人:Sさん(60代男性)、被相続人:Kさん(Sさんの母)、その他相続人:2名

1.ご相談に至る経緯

 福岡県朝倉市在住のSさんは、被相続人である母Kさんの相続人であり、それ以外にも相続人が2名いる状況でした。
 Kさんが亡くなったとき、相続財産は預貯金しかなかったため、Sさんら相続人は口頭で遺産分割協議をしたのですが、遺産分割協議書を作成していなかったため、Kさん死亡から1年後、金額についてもめることとなり、口頭で行った遺産分割協議の内容を書面としたいとのことで当事務所に相談に来られました。

2.当事務所の活動

 Sさんは口頭で行った遺産分割協議を書面(遺産分割協議書)としたいとのことで、遺産分割の内容については再度協議するつもりはありませんでした。そこで、その他相続人2名に提示する遺産分割協議書を作成してほしいとのことで、遺産分割協議書作成業務として事件を受任しました。
  その後、当事務所より、各相続人宛てに文書を送付した上で今回の遺産分割協議書作成の趣旨を口頭で説明をしました。
相続人2名はすぐには納得しませんでしたが、Sさんをサポートし粘り強く説得することで遺産分割協議書に署名捺印してもらいました。

3.解決と成果

 各相続人との間で遺産分割協議書に署名押印をしてもらい、当初の口頭での遺産分割協議どおりの内容を実現し、無事に業務を終了することができました。

4.弁護士の所感

 被相続人が死亡し、相続人間で分割協議をしていたとしても、今回のように後日その内容について紛争となることが実務上数多くあります。
  今回はまさに一旦相続人間で合意していたのに、書面としていなかったため、後日紛争を招いたケースでした。相続人間で仲が良く紛争が生じないだろうと思われる場合でも、弁護士等の専門家に依頼してきちんとした遺産分割協議書を作成されることをお勧めします。
  松本・永野法律事務所では遺産相続に関する相談は初回無料で行っており、遺産整理業務・遺産分割協議書作成に関する報酬も低額で分かりやすい規定を設けていますので、遺産相続でお困りの方は当事務所にご相談ください。

文責:弁護士 北島 好書