長崎県諫早市で弁護士への法律相談をご希望の方へ

弁護士法人松本・永野法律事務所 長崎事務所では、諫早市にお住まいの方や、長崎市近隣の地域の皆さまが抱える日常の法律相談をお受けしています。

弁護士法人松本・永野法律事務所は、福岡県内に4拠点(福岡市、久留米市、朝倉市、大牟田市)、長崎に1拠点ある、広域に対応した地域密着の法律事務所です。地域の皆様と共に歩んできた、創業60年以上の実績がございます。

個人のお客様や企業のお客様からもご相談をお受けしており、交通事故、相続・遺言、借金問題、離婚・男女問題・企業法務などさまざまな分野を取り扱っております。

弁護士や法律事務所という言葉から思い浮かべるイメージは、「敷居が高い」、「弁護士に相談するなんて大変なこと」と感じられる方が多いと思います。このようなイメージから、相談が遅れるケースが「もう少し早く来てくれれば…」といったケースが何度もあります。

そんな方々を一人でも減らし、一日でも早く問題を解決するため、友人や家族に相談するのと同じ感覚で、弁護士にも相談してほしいと考えておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

 

弁護士法人松本・永野法律事務所 長崎事務所について

弁護士法人松本・永野法律事務所 長崎事務所はJR長崎駅から徒歩15分(車で4分)、路面電車の大波止・西浜町から徒歩5分の立地にございます。 また、JR諫早駅からJR長崎駅まで電車(快速)で約30分、車で約30分ほどでご来所いただけます。 交通事故、相続・遺言、借金問題、離婚・男女問題・企業法務などあらゆるご相談をお受けいたします。

諫早市の法律相談は、創業60年以上の実績と信頼を誇る弁護士法人松本・永野法律事務所 長崎事務所へお任せください。

 

諫早市について

眼鏡橋

眼鏡橋

諫早の眼鏡橋は、1839年に造られ、石橋としては1958年に日本で最初に重要文化財に指定された由緒ある名跡です。 2連のアーチ橋と水面に映る橋とが合わさった姿が眼鏡のように見えることが、その名の由来といわれています。 戦国時代に築かれた高城(山城)跡を公園とした市街地の中心にある緑豊かな場所にあり、桜やツツジ、蛍や紅葉など季節ごとに趣ある景観を楽しめます。 長崎市にも眼鏡橋が造られており、1960年に重要文化財に指定されております。

白木峰高原

白木峰高原

標高1057mの五家原岳の中腹に広がる白木峰高原は、約1万平方メートルの広さに、春には10万本の菜の花が斜面一帯を黄色に染め、秋には20万本のコスモスが色鮮やかに咲き乱れます。 遠目には諫早平野や雲仙岳、有明海を一望でき、その景色を求めて1年を通じて諫早市内外から、たくさんの人が訪れます。 また隣接するコスモス花宇宙館では、天文台と美術館が一つになった施設で、大型天体望遠鏡による天体観測、コスモスの絵画を鑑賞できます。